初夏お祭り



春(5月)になり、日が長くなると
田舎の村々でお祭りが催されます。

今日は
毎年5月の第4日曜日に行われる
アヴェロン県の代表的な
移牧のお祭りを紹介します。

オーブラック(Aubrac)高原の移牧のお祭りの主人公は
夏季に農家を離れ、放牧される牛たち。
彼らに花飾りをして送り出すお祭りです。

f0310138_195712.jpg



オーブラック高原は、
その自然景観がユネスコの世界遺産に登録されていますが、
その自然景観の中に組み込まれた伝統的な移牧という
文化的な営みも遺産として残そうという想いが
このお祭りには込められています。

今年2017年は5月28日の日曜日です。



フランスの農家の営みを見学し、
特産物、そして地元の方々が振る舞う大鍋で仕込むアリゴ
(マッシュポテトにフレッシュなトムチーズをたっぷり練りこんだ
アヴェロン県の名物料理)を楽しむことができます。


f0310138_19177.jpg


我が家の庭にあるパン窯の初夏の様子です。ブドウの葉っぱが茂り始める頃


このシーズンはとても爽やかな初夏のいい季節です。


f0310138_18595986.jpg


果物も豊富で美味しい時期。

アヴェロン県にぜひ遊びにいらしてください。
一緒に初夏を味わいましょう。




フランス南西部、アヴェロン県にある
シャンブルドット (農家民宿) Vallon de la luneのオフィシャルサイトはこちらからどうぞ

http://www.levallondelalune.com

随時ご予約を承っております。
春から夏にかけてとても気持ちのよいシーズン、
まだお部屋に空きがございます。
空室状況についてはHPよりお問い合わせ下さい。





[PR]
# by aveyron | 2017-03-24 19:07 | 美しい村 | Trackback | Comments(2)

春の色




光がすっかり春のここアヴェロン県


f0310138_6545019.jpg



村の知人に株を分けてもらった多肉植物も
光のおかげでグラデーションがとても綺麗






f0310138_6555054.jpg



f0310138_659254.jpg


長女もこうして食卓に春を運んでくれています。







f0310138_705936.jpg


こちらは次女が運んでくれた春








f0310138_72915.jpg


最後は
お昼ご飯に夫が作ってくれた春色キッシュ







フランス南西部、アヴェロン県にある
シャンブルドット (農家民宿) Vallon de la luneのオフィシャルサイトはこちらからどうぞ

http://www.levallondelalune.com

随時ご予約を承っております。
春から夏にかけてとても気持ちのよいシーズン、
まだお部屋に空きがございます。
空室状況についてはHPよりお問い合わせ下さい。





[PR]
# by aveyron | 2017-03-21 07:03 | 庭仕事 | Trackback | Comments(0)

自家製のくるみのワイン




去年の夏に仕込んだ
くるみのワインを
瓶詰しました。


f0310138_712264.jpg




8ヶ月寝かせておいたので
もうしっかりと良い味が出ていました。(早速味見した)


村のご近所さんや友達がふらりと立ち寄った時に、
遠路はるばるここへ遊びに来てくれる方に、
せっかくお出しするなら
手作りのアペリティフでおもてなしできると会話のネタも一つ増えるな、(笑)と
作り始めて3年目。

ここフランスの南の方では
6月24日(聖ヨハネの日)に
まだ青いクルミを収穫し、アルコールに漬けて
このくるみのワインを作ります。


それぞれの家庭に
それぞれの味のあるこのワイン
きっと日本の梅酒のようなものですね。






フランス南西部、アヴェロン県にある
シャンブルドット (農家民宿) Vallon de la luneのオフィシャルサイトはこちらからどうぞ

http://www.levallondelalune.com

随時ご予約を承っております。
春から夏にかけてとても気持ちのよいシーズン、
まだお部屋に空きがございます。
空室状況についてはHPよりお問い合わせ下さい。





[PR]
# by aveyron | 2017-03-09 07:17 | 毎日の食卓 | Trackback | Comments(7)

冬のベルカステル




我が家からほど近い
「フランスの最も美しい村」の1つ
ベルカステルも観光シーズンに入る前はとても静か。


f0310138_0144540.jpg



ホームステイでいらした生徒さんと一緒に
家族みんなで冬空の下村をお散歩。


f0310138_0163953.jpg



車もない道なので
2歳の娘もひとりでトットコ坂を登って行きます。


f0310138_0173089.jpg



人の気配をほとんど感じられない
村の佇まいは
まるで中世のままその空間がストップしているかのよう。


f0310138_018469.jpg



苔むす鱗のような屋根瓦



f0310138_0192815.jpg



ベルカステル城

今でこそ
美しい城、と訪れる人々に親しまれていますが
もともとその名の意味するところは、「戦の(bel)砦(castel=forteresse)」。


f0310138_230320.jpg



この15世紀の石畳の丸みが
その歴史を物語っている気がします。





フランス南西部、アヴェロン県にある
シャンブルドット (農家民宿) Vallon de la luneのオフィシャルサイトはこちらからどうぞ

http://www.levallondelalune.com

随時ご予約を承っております。
春から夏にかけてとても気持ちのよいシーズン、
まだお部屋に空きがございます。
空室状況についてはHPよりお問い合わせ下さい。





[PR]
# by aveyron | 2017-03-06 02:32 | 美しい村 | Trackback | Comments(2)

朝霞



冬の寒い朝


f0310138_622382.jpg



谷間にたなびく霞を眺め、

温かいお茶を飲んで、

今日も一日元気に過ごそう、

と気合を入れます。



f0310138_6234237.jpg




これは1月の朝の景色


f0310138_626227.jpg


これではまだ畑は触れません。


収穫期を迎えた大根も凍っているので
引き抜けずに、今年は断念。


明日から3月。




畑ノートに夏野菜の場所を書き込むと
今年もまた一番楽しいシーズンがやってきたな、
と微笑んでしまいます。







フランス南西部、アヴェロン県にある
シャンブルドット (農家民宿) Vallon de la luneのオフィシャルサイトはこちらからどうぞ

http://www.levallondelalune.com

随時ご予約を承っております。
春から夏にかけてとても気持ちのよいシーズン、
まだお部屋に空きがございます。
空室状況についてはHPよりお問い合わせ下さい。





[PR]
# by aveyron | 2017-03-01 06:30 | つれづれと・・・ | Trackback | Comments(4)

秋の味覚




今年もリンゴやクリ、クルミに恵まれた秋でした。


f0310138_637616.jpg



実が落ちてはカゴ一杯収穫して、
コンポートやリンゴのケーキ、そしてクランブルを作りました。

これも我が家のシンボルツリーの1つ
樹齢100年のリンゴの木が実をつけてくれたおかげです。


f0310138_6354439.jpg


少し剪定をしただけで
あとは自然のまま。

クリは毎年収穫しきれない、食べきれないので
お友達に収穫にきてもらうこともあります。
それでも沢山のクリがそのまま土に還っています。


我が家の秋の定番は
カボチャとクリのスープ。
そしてマロンクリームです。


f0310138_6434793.jpg



今年は15瓶くらい仕込む事ができました。

大勢のお客様で賑わった今年の11月。
マロンクリームを使って
自家製モンブランをデザートに作りました。

思ったより手軽に作れるので
我が家の定番デザートに加えることにします。

モンブラン好きの方
我が家にお越しの際は是非リクエストして下さい。







フランス南西部、アヴェロン県にある
シャンブルドット (農家民宿) Vallon de la luneのオフィシャルサイトはこちらからどうぞ

http://www.levallondelalune.com

随時ご予約を承っております。

2017年1月から空室があります。
空室状況についてはHPよりお問い合わせ下さい。






[PR]
# by aveyron | 2016-11-20 07:06 | 毎日の食卓 | Trackback | Comments(2)

キッチンのお手入れ






キッチンの作業台の痛みが激しいなぁと気になってはいたものの
ちゃんとお手入れをする時間をとっていなかったので
10月の来客がキャンセルになって
少しだけ時間が出来た今週、少し母屋のメンテナンスです。


f0310138_5315461.jpg



毎日3回の食事の準備や畑の野菜の手入れで
水仕事の絶えないキッチン。


f0310138_5354012.jpg



我が家で愛用している南部鉄器の急須は
直に置くと輪っかの跡が残ります。


f0310138_541049.jpg



私達は知っているのでいつも鍋敷きを使いますが、
我が家に滞在する方々は知らないので、
来客の数だけこの輪っかが出来上がります。

そう考えると消すのも少し残念な気がします・・・笑。


f0310138_5412515.jpg



f0310138_5423013.jpg



ヤスリがけだけですっかり蘇る。

f0310138_5431359.jpg



f0310138_5433698.jpg



仕上げにオイルを3回塗っておしまい。


f0310138_5443096.jpg



f0310138_5445710.jpg



長い間やりたかったことが出来ると
とってもスッキリ。

f0310138_5461193.jpg



この作業台にまた新しく
最初の輪っかが出来るのはいつでしょう。













フランス南西部、アヴェロン県にある
シャンブルドット (農家民宿) Vallon de la luneのオフィシャルサイトはこちらからどうぞ

http://www.levallondelalune.com

随時ご予約を承っております。
11月、12月はまだ空いております。

空室状況についてはHPよりお問い合わせ下さい。






[PR]
# by aveyron | 2016-10-13 05:48 | つれづれと・・・ | Trackback | Comments(2)

アヴェロン県のオーガニックファーム



我が家のオーガニックファームも今年で3年目。
じゃがいもやトマト、ズッキーニや玉ねぎ。
旬の時期に自給自足できる野菜は増えてきたものの、
全ての野菜をバランスよく上手に栽培するまでにはまだいたってません。

週に一回のマルシェでは
食卓を支えてくれる
畑では採れない野菜を買いに行きますが、
私達の応援しているビオ(オーガニック)の農家さんを今日はご紹介。


f0310138_745397.jpg



Guillaume CAVALERIE君


彼は水の豊富な立地を利用して
沢山の露地栽培、促成栽培で野菜を育てています。



f0310138_7325375.jpg



森に囲まれているので
風通しをよくするために時々木を切って薪にするそうです。
シカも時々野菜を食べにくるんだよ、
と言いつつも、たいして気にしない口調でした。


f0310138_7342769.jpg



f0310138_7364490.jpg



基本的にギヨーム君が1人で
畑の管理をしているのですが、なんとも広大。
なにより野菜が生き生きとしています。



f0310138_7472181.jpg



養蜂家でもある彼のハチミツは
瓶詰めの季節になると
毎年私も楽しみにしています。


彼の蜂の巣箱

f0310138_7493421.jpg




f0310138_7503661.jpg



遠心分離機にかける前に
蜜蝋をナイフでこそげ落としています。



今年もトマトはもう終わりです。


f0310138_7511557.jpg




夏の間中沢山の赤い実をつけてくれた
トマト畑も今日の作業でスッキリ。
ここにこれから秋冬野菜の植え付けです。


f0310138_7535991.jpg



植え付けの順番待ちをしている小さな苗が沢山。


f0310138_7542552.jpg




f0310138_7554612.jpg




収穫の後に残ったトマトや青いままのトマトは
トマトソースや青トマトジャムにしました。


f0310138_756976.jpg


今年初めて薪ストーブに火を入れました。


f0310138_7562792.jpg



f0310138_75723.jpg



トマトソース6本とラタトゥイユソース6本作っても
まだまだあるギヨーム君のトマト。


f0310138_755997.jpg



青トマトのジャム毎年マダガスカル産の
バニラビーンズで香りづけしますが、
ちょっと冒険して第2弾はジンジャーを混ぜて作ってみようと思います。

こんなに美味しい野菜を作ってくれた彼に
ジャムやソースを味見してもらうのもまた楽しみ。






フランス南西部、アヴェロン県にある
シャンブルドット (農家民宿) Vallon de la luneのオフィシャルサイトはこちらからどうぞ

http://www.levallondelalune.com

随時ご予約を承っております。
11月、12月はまだ空いております。

空室状況についてはHPよりお問い合わせ下さい。






[PR]
# by aveyron | 2016-09-26 08:01 | つれづれと・・・ | Trackback | Comments(0)

収穫しきれないトマト



今の時期
畑のトマトが一斉に赤くなっています。

細長いイタリアのトマト、
牛の心臓と呼ばれるごつごつしたトマト、
それはそれは小さなマイクロトマト、


沢山のトマトをホームステイの生徒さんと一緒に
畑で収穫してドライトマトを作ります。


f0310138_6162727.jpg



鉄板にオリーブオイルを塗って
3日間天日干し。
日の入りのころに室内に入れます。


f0310138_6201891.jpg



今滞在中の生徒さんはお肉の中でも
とりわけ鴨肉が好き!ということで鴨肉のロースト。
ソースは地元のオーガニックワインと
散歩道で摘んだブラックベリーを煮詰めた
ボルドー色のソースです。



今日も一日

皆仲良く美味しくご飯を食べられました。

畑でトマト、ナス、パプリカを収穫できました。

ニワトリが卵を2個産んでくれました。

夕焼けが綺麗でした。

満点の星空です。


すべての事に感謝します。







フランス南西部、アヴェロン県にある
シャンブルドット (農家民宿) Vallon de la luneのオフィシャルサイトはこちらからどうぞ

http://www.levallondelalune.com

随時ご予約を承っております。
10月、11月はまだ空いております。

空室状況についてはHPよりお問い合わせ下さい。



[PR]
# by aveyron | 2016-09-04 06:23 | 毎日の食卓 | Trackback | Comments(2)

Aube(暁)のお部屋




今日はゲストハウスの
もう1つのお部屋を紹介します。

東向きのAube(暁の部屋)です。


f0310138_7445742.jpg



入り口のドアの外には果樹園が広がります。


f0310138_7464653.jpg



キッチンが少し広めなので
食材を買って調理されたい方はこちらのお部屋をお勧めしています。


f0310138_751879.jpg



築100年の梁を生かした
ロフトタイプのベッドルームです。


f0310138_805921.jpg





f0310138_841236.jpg


こちらはシャワールーム
シャワースペースと脱衣所の間に段差のないイタリア式です。



田舎のお家の広々としたスペースで
のんびりとお寛ぎ下さい。









フランス南西部、アヴェロン県にある
シャンブルドット (農家民宿) Vallon de la luneのオフィシャルサイトはこちらからどうぞ

http://www.levallondelalune.com

随時ご予約を承っております。
おかげ様で8月、9月はほぼ満室ですが、
10月、11月、12月はまだ空いております。

空室状況についてはHPよりお問い合わせ下さい。



[PR]
# by aveyron | 2016-08-24 08:07 | リフォーム日記 | Trackback | Comments(0)