師匠と果樹の剪定




f0310138_62728.jpg




おひな祭り

海外暮らしなので
立派なおひな様は飾ってあげられなかったけど

それを見越して
京都のお友達がプレゼントしてくれた
手ぬぐいおひな様をかざって
ちらし寿司パーティをしました。


海苔と椎茸が大好きな娘は
大人一人前以上平らげていました



***********


今日はとっても気持ちのよい晴天



f0310138_6365823.jpg





師匠を我が家に迎えて
一日中外で庭仕事



f0310138_6372647.jpg





剪定の師匠は
以前ヴィルフランシュのマルシェで偶然知り合って
立ち話をしているうちに仲良くなったジェラールおじさん




彼はアジアの様々な国を旅行して
20年間色々な国の人と接してきたそうで
とても広い世界観の持ち主

今は自然農法で畑や木を相手にしているよ、
と聞いたので
私も畑の話や環境にやさしい環境作りについて色々質問しました。


何時間話を聞いていても飽きずに、
またいつか会いましょう!
と約束をして別れたのです。



f0310138_6395378.jpg

先ずは揃える道具をレクチャーして頂く




以前ブログにも書いた
果樹の剪定の講習会に参加していたら
アソシエーションの剪定の講師の1人としてジェラールおじさんを発見



再会出来た事とっても嬉しくて
また色々な話をうかがっていると
家の果樹園を見に来てくれるとのこと。


そして今日
ひょっこりと我が家に足を運んでくれました



f0310138_6414121.jpg




これは全部さくらんぼの木だよーといいながら
嬉しそうに歩く師匠


f0310138_642471.jpg




今日教わったのは
カシスの剪定と挿し木


f0310138_653673.jpg



どこを残してどこを切ればいいのかを
瞬時に判断しながら
素早い手つきでチョキチョキ切っていく師匠


f0310138_6545637.jpg



まるで神業


f0310138_6553623.jpg



親株の前に挿し木で
沢山の子株を作って
1ヶ月くらいたったらお引っ越しさせます


f0310138_72790.jpg



カシスの挿し木は比較的簡単だそうです


f0310138_734853.jpg



これで今年の夏はカシスには困らないそうです。


そしてパン釜の壁につたっている
ブドウの木


f0310138_76197.jpg



剪定が終ってスッキリした
ブドウの木

師匠のお陰で
この夏はブドウも豊作のはず


f0310138_7102616.jpg



剪定後のブドウの枝も
沢山の挿し穂となりました


f0310138_714839.jpg




これが全部大きくなったら
ワインが作れそう!



f0310138_7153396.jpg



こちらは師匠オススメの有機栽培用の肥料
鳥糞に海藻由来の栄養が混じっているそうです



沢山の事を学べて
夢の様な一日でした





そしてまた1つ
このご縁に感謝です





[PR]
by aveyron | 2014-03-06 07:37 | 庭仕事 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://enaveyron.exblog.jp/tb/21519469
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Ritsuko at 2014-03-06 11:42 x
師匠、かっこいいいい~~
植物のことだけでなく、色んな事を教えてくれそうな方にこのタイミングで出会って仲良くなるなんて、さすがさやかちゃん&ピーくんだ。
ブドウやカシス、楽しみやねえ。

手ぬぐいを使ってくれてありがとう。
お互いの娘たちが健やかに育ちますように。

で、さ。写真、夫の出る幕ないくらいキレイ(笑)
Commented by aveyron at 2014-03-06 17:36
りっちゃん、
植物図鑑みたくなんでも知ってて、コレは?ソレは、なに?と
童心にかえってしまったよ。
いつか日本のお友達にお庭で採れた果物を使って作ったものを
送れる位の豊作になったらいいなぁなんて夢見てます。

手ぬぐい、普段使いにしないで来年の出番待ちです。

写真はプロの足下にも及びません。
でも一応写真担当のP君にお伝えしておきます。笑
<< 優しい光に包まれて パンケーキの奥深さ >>