「ほっ」と。キャンペーン

アヴェロン県のオーガニックファーム



我が家のオーガニックファームも今年で3年目。
じゃがいもやトマト、ズッキーニや玉ねぎ。
旬の時期に自給自足できる野菜は増えてきたものの、
全ての野菜をバランスよく上手に栽培するまでにはまだいたってません。

週に一回のマルシェでは
食卓を支えてくれる
畑では採れない野菜を買いに行きますが、
私達の応援しているビオ(オーガニック)の農家さんを今日はご紹介。


f0310138_745397.jpg



Guillaume CAVALERIE君


彼は水の豊富な立地を利用して
沢山の露地栽培、促成栽培で野菜を育てています。



f0310138_7325375.jpg



森に囲まれているので
風通しをよくするために時々木を切って薪にするそうです。
シカも時々野菜を食べにくるんだよ、
と言いつつも、たいして気にしない口調でした。


f0310138_7342769.jpg



f0310138_7364490.jpg



基本的にギヨーム君が1人で
畑の管理をしているのですが、なんとも広大。
なにより野菜が生き生きとしています。



f0310138_7472181.jpg



養蜂家でもある彼のハチミツは
瓶詰めの季節になると
毎年私も楽しみにしています。


彼の蜂の巣箱

f0310138_7493421.jpg




f0310138_7503661.jpg



遠心分離機にかける前に
蜜蝋をナイフでこそげ落としています。



今年もトマトはもう終わりです。


f0310138_7511557.jpg




夏の間中沢山の赤い実をつけてくれた
トマト畑も今日の作業でスッキリ。
ここにこれから秋冬野菜の植え付けです。


f0310138_7535991.jpg



植え付けの順番待ちをしている小さな苗が沢山。


f0310138_7542552.jpg




f0310138_7554612.jpg




収穫の後に残ったトマトや青いままのトマトは
トマトソースや青トマトジャムにしました。


f0310138_756976.jpg


今年初めて薪ストーブに火を入れました。


f0310138_7562792.jpg



f0310138_75723.jpg



トマトソース6本とラタトゥイユソース6本作っても
まだまだあるギヨーム君のトマト。


f0310138_755997.jpg



青トマトのジャム毎年マダガスカル産の
バニラビーンズで香りづけしますが、
ちょっと冒険して第2弾はジンジャーを混ぜて作ってみようと思います。

こんなに美味しい野菜を作ってくれた彼に
ジャムやソースを味見してもらうのもまた楽しみ。






フランス南西部、アヴェロン県にある
シャンブルドット (農家民宿) Vallon de la luneのオフィシャルサイトはこちらからどうぞ

http://www.levallondelalune.com

随時ご予約を承っております。
11月、12月はまだ空いております。

空室状況についてはHPよりお問い合わせ下さい。






[PR]
by aveyron | 2016-09-26 08:01 | つれづれと・・・ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://enaveyron.exblog.jp/tb/26078967
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< キッチンのお手入れ 収穫しきれないトマト >>