2017年7月の畑




今年の夏も
見事にほったらかしにしてしまった畑です。

f0310138_754088.jpg


ただ、「ほったらかしの畑」にも色々あって
4年目のほったらかし畑は、
1年目のほったらかし畑とは少し違います。

f0310138_7545572.jpg


手間をかけなくてはいけない時期に土いじりの時間をとれると植物は自分でしっかり育ってくれます。

でもその時期怠ると病気にかかりやすくなったり、雑草に負けてしまうような気がします。


f0310138_7562061.jpg




そういった意味で、
今年の畑は今までの中で私の一番好きな「ほったらかし畑」の姿。


f0310138_8114419.jpg


トウモロコシの間をぬうように
カボチャが大地を覆ってくれて




f0310138_8122365.jpg


柔らかくてクセのないサラダ菜は、
とう立ちして自然にタネを畑中に撒いてくれます




f0310138_813790.jpg



種芋として循環してくれるジャガイモは今年で4年生
80キロから90キロの新ジャガになって、我が家の食卓を支えてくれてます
玉ねぎは毎日使うぶんだけ収穫





f0310138_8424940.jpg



グースベリーとカシスとラズベリーとすぐりは
ネットもカバーもかけずに
我が家に遊びにきてくれる野鳥と半分こ


f0310138_8434533.jpg


株が大きくなったので私たちへの分け前(3キロ程度)も増えて
4人家族には充分満足の収穫




f0310138_8443299.jpg


ジャガイモの収穫後は間髪入れずにポロネギ(リーク)の苗の植え付けです。
春に種まきしたポロネギの苗が鉛筆くらいの太さになっていたので80本植え付け。
雑草が生える前に元気な苗を植えること。
ほったらかし畑のコツの一つです。



f0310138_847747.jpg


今収穫期を迎えているポロネギもたくさんあるので
今年のポロネギの自給率はとても高いです。


f0310138_8485264.jpg


畑の野菜の空いたスペースに花を植えるのも
受粉をしてくれるハチを集めるのにとても有効

カランデュラやナスタチウム、コーンフリーを植えるのが好きです。


これから秋冬に向けて
ほうれん草や白菜の苗作りという楽しみが待っています。



フランス南西部、アヴェロン県にある
シャンブルドット (農家民宿) Vallon de la luneのオフィシャルサイトはこちらからどうぞ

http://www.levallondelalune.com

随時ご予約を承っております。
春から夏にかけてとても気持ちのよいシーズン、

空室状況についてはHPよりお問い合わせ下さい。







[PR]
by aveyron | 2017-07-26 08:58 | 庭仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://enaveyron.exblog.jp/tb/28001573
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
フラワーアレンジメント >>