秋の味覚と涼しい風




いつのまにか木の葉がハラハラと舞う秋空。
楽しい夏休みも終わって今週は新学期が始まりました。

夏野菜が残る畑も、
もう色づかない野菜たちを一掃して
秋冬野菜の準備です。

f0310138_5555155.jpg



味の濃いミニトマトで
一年分のトマトケチャップを作ります。


f0310138_5561965.jpg



自家製ケチャップで作ったオムライスは
子供達の大好物。



今年のフランボワーズは、
栽培3年目にして大きく成長したせいか
ここ1ヶ月毎日たくさんの実をつけてくれています。


f0310138_557436.jpg



毎日平均700グラムの収穫量。
今年はすでに10kg以上収穫しています。
ここまで立派に育つとは知らなかったので正直びっくりしています。

5月、6月のイチゴ狩りに続いて、
民宿のゲストにも好きなだけ収穫もらえる
フランボワーズ狩り付き滞在です。笑


子供達の毎日のおやつに。
そして残った分はジャム、ソース、そしてアイスクリームにして長く楽しみます。
今年からフランボワーズも自給率100%達成かな。



週末はいつものお散歩コースで収穫を楽しめました。
たわわに実をつけているイチジクの木が沢山ある隣村で。


f0310138_6923100.jpg



家族みんなで夢中になって収穫しても
1本の木になっている実の5%くらいでしょうか。
とにかくたくさんの実をつけています。


f0310138_6113757.jpg


家に帰って量ったら5kg近くありました。



f0310138_61301.jpg



完熟イチジクも採りたて新鮮なうちに半分はジャムにします。


秋風が心地よい1時間の山の中のお散歩コース
アップダウンが激しい山道、子供達もしっかり歩ききりました。
あとしばらくはイチジク狩りが楽しめるこのコース、
もう少し経ったらクルミ拾いの季節。



田舎暮らしをしていると、
食べ物がそこら中にあるので
とても豊かに生活できます。


今日も自然の恵みに感謝した1日です。





フランス南西部、アヴェロン県にある
シャンブルドット (農家民宿) Vallon de la luneのオフィシャルサイトはこちらからどうぞ

http://www.levallondelalune.com

11月中旬以降随時ご予約を承っております。

空室状況についてはHPよりお問い合わせ下さい。







[PR]
# by aveyron | 2017-09-11 06:26 | 毎日の食卓 | Trackback | Comments(0)

2017年7月の畑




今年の夏も
見事にほったらかしにしてしまった畑です。

f0310138_754088.jpg


ただ、「ほったらかしの畑」にも色々あって
4年目のほったらかし畑は、
1年目のほったらかし畑とは少し違います。

f0310138_7545572.jpg


手間をかけなくてはいけない時期に土いじりの時間をとれると植物は自分でしっかり育ってくれます。

でもその時期怠ると病気にかかりやすくなったり、雑草に負けてしまうような気がします。


f0310138_7562061.jpg




そういった意味で、
今年の畑は今までの中で私の一番好きな「ほったらかし畑」の姿。


f0310138_8114419.jpg


トウモロコシの間をぬうように
カボチャが大地を覆ってくれて




f0310138_8122365.jpg


柔らかくてクセのないサラダ菜は、
とう立ちして自然にタネを畑中に撒いてくれます




f0310138_813790.jpg



種芋として循環してくれるジャガイモは今年で4年生
80キロから90キロの新ジャガになって、我が家の食卓を支えてくれてます
玉ねぎは毎日使うぶんだけ収穫





f0310138_8424940.jpg



グースベリーとカシスとラズベリーとすぐりは
ネットもカバーもかけずに
我が家に遊びにきてくれる野鳥と半分こ


f0310138_8434533.jpg


株が大きくなったので私たちへの分け前(3キロ程度)も増えて
4人家族には充分満足の収穫




f0310138_8443299.jpg


ジャガイモの収穫後は間髪入れずにポロネギ(リーク)の苗の植え付けです。
春に種まきしたポロネギの苗が鉛筆くらいの太さになっていたので80本植え付け。
雑草が生える前に元気な苗を植えること。
ほったらかし畑のコツの一つです。



f0310138_847747.jpg


今収穫期を迎えているポロネギもたくさんあるので
今年のポロネギの自給率はとても高いです。


f0310138_8485264.jpg


畑の野菜の空いたスペースに花を植えるのも
受粉をしてくれるハチを集めるのにとても有効

カランデュラやナスタチウム、コーンフリーを植えるのが好きです。


これから秋冬に向けて
ほうれん草や白菜の苗作りという楽しみが待っています。



フランス南西部、アヴェロン県にある
シャンブルドット (農家民宿) Vallon de la luneのオフィシャルサイトはこちらからどうぞ

http://www.levallondelalune.com

随時ご予約を承っております。
春から夏にかけてとても気持ちのよいシーズン、

空室状況についてはHPよりお問い合わせ下さい。







[PR]
# by aveyron | 2017-07-26 08:58 | 庭仕事 | Trackback | Comments(0)

フラワーアレンジメント




f0310138_7333493.jpg



庭仕事から帰ると、
4歳の長女のフラワーアレンジメントの作品が食卓の上に出来上がっていました。


真ん中の白い大きな花はバラ、
紫の小さな花はセージ、小さな花はエルダーフラワー。
全て庭で摘んだ花です。


f0310138_737082.jpg



ちゃんとこだわりの角度があるので
少しでも触ろうものなら、怒られます。笑

最近木登りが好きな長女。
今日は、パパの背よりも高い木の上に
一人で登ることができました。


どんどん成長するので
私たちも体力をつけなくてはなりません。


おまけ

f0310138_7411533.jpg


相変わらずのイチゴの収穫量


f0310138_742010.jpg


そしてジャム作りの後のちょっとした楽しみである
ラベル貼り。
今年は次女もいちごの絵を描くようになりました。




フランス南西部、アヴェロン県にある
シャンブルドット (農家民宿) Vallon de la luneのオフィシャルサイトはこちらからどうぞ

http://www.levallondelalune.com

随時ご予約を承っております。
春から夏にかけてとても気持ちのよいシーズン、
8月、9月、まだ空室があります。
空室状況についてはHPよりお問い合わせ下さい。





[PR]
# by aveyron | 2017-06-09 07:42 | つれづれと・・・ | Trackback | Comments(0)

毎日の食材と畑



本日のターブルドット(農家民宿の夕食)


畑で収穫した野菜や花

f0310138_3374490.jpg


前菜は
ポロネギのマスタードマリネとサラダ


f0310138_3402520.jpg




メインはブッフ ブルギニヨン(ブルゴーニュ風ビーフシチュー)

我が家のブルギニヨンは、
野菜がたっぷり。特にフェンネルをふんだんに使います。


f0310138_3421248.jpg



2日間煮込んで、十分に牛肉が柔らかくなったら
人参を入れてまた半日煮込みます。


f0310138_3445960.jpg



デザートは、庭のイチゴでタルトを作ります。


f0310138_34614.jpg



こうして我が家の畑で採れる旬のものを
食卓に出して分かち合えることは本当に幸せなことです。



f0310138_4291863.jpg


今年は特にイチゴの実が大きく、毎日沢山収穫できます。
昨日は3キロ、今日は4キロの収穫でした。


f0310138_4295043.jpg




今年は新鮮なうちにすぐジャム作り


f0310138_4284015.jpg




5月中旬から6月初めまでの滞在は、
いちご狩りのお楽しみ付きです。











フランス南西部、アヴェロン県にある
シャンブルドット (農家民宿) Vallon de la luneのオフィシャルサイトはこちらからどうぞ

http://www.levallondelalune.com

随時ご予約を承っております。
春から夏にかけてとても気持ちのよいシーズン、
8月、9月、まだ空室があります。
空室状況についてはHPよりお問い合わせ下さい。





[PR]
# by aveyron | 2017-05-24 04:31 | 農家民宿 | Trackback | Comments(2)

2017年4月の畑




栽培4年目にして初めて収穫した
アスパラガス


f0310138_5445679.jpg



株を3年間以上育ててから
収穫できる野菜なので
待望の収穫

株がちゃんと大きく成長している様子なので
これから10年間くらい
毎年この時期はアスパラ祭が楽しめそうです。


今年は4月の頭からとてもいい陽気なので
ジャガイモを100個植え付けました。(4月5日)
1つの種芋から大体1kgの収穫が見込めるので、
今年の目標収穫量は100kgです。

f0310138_550562.jpg

1ヶ月前くらいから光に当てて発芽を促します。



去年の畑ノートを見ると4月7日に植え付け、
と書いてあるので我が家では
この時期あたりがちょうど良い気がします。




先日、
お隣のベルナールおじさんに
「あげたいものがあるからちょっと来て」と呼ばれて
いただいた柳の束。

f0310138_6235790.jpg



彼はカゴ編みの名人で柳のツルを使ってフランスの伝統的な
手編みカゴを作っています。

カゴ編みは私も後々教えてもらいたいことの1つですが、
田舎の生活は、春夏秋は庭に出てやることがたくさんあるので
いつかの冬のお楽しみ


今回はいただいた貴重な柳で
子供用の小さな小屋を作りました。
(基本的な作り方はベルナールおじさんに教えてもらいました)


f0310138_6245853.jpg



これは来週の次女の3歳の誕生日プレゼントにしてしまおう!
ということに。(笑)


f0310138_6254593.jpg



f0310138_630733.jpg



柳が余ったので、テラスの横の
花壇の柵を編んでみました。


f0310138_5503034.jpg


前より少しスッキリしました。

こんなことをしていると、
一日あっという間に過ぎていきます。






フランス南西部、アヴェロン県にある
シャンブルドット (農家民宿) Vallon de la luneのオフィシャルサイトはこちらからどうぞ

http://www.levallondelalune.com

随時ご予約を承っております。
春から夏にかけてとても気持ちのよいシーズン、
5月以降まだ少し空室があります。
空室状況についてはHPよりお問い合わせ下さい。





[PR]
# by aveyron | 2017-04-10 06:35 | 庭仕事 | Trackback | Comments(0)

3月の畑仕事



畑仕事には
昼の部と夜の部があります。


f0310138_6101868.jpg





昼の部は、
外に出て土作りしたり、種をまいたりの
いわゆる土いじりです。


f0310138_7233218.jpg


家族総出の昼の部の作業
次女はグリンピースの種まきの責任者。ここは出来るだけ彼女に任せます。



夜の部は、
家の中で畑の収穫物をできるだけ長期間
食べられるように加工する仕事です。

夜の部の仕事はもちろん昼にしてもいいのですが、
鮮度を保つための加熱や保存のタイミングが大切で
お邪魔虫(子供達)が乱入する時間帯は作業が難しいのです。


仕込むものの例

果物のジャムやシロップ

野菜であれば、ソース(ジェノベーゼソースやトマトソース)や煮込み料理(ラタトゥイユ)
もしくは、そのまま料理に使えるようにさっと茹でたりします。



f0310138_6311025.jpg





f0310138_6313849.jpg



定植した時はこんなに小さかったほうれん草の苗も
わさわさ茂ってくれ、
11月から今まで食べたい時はいつでも収穫できました。


f0310138_7134042.jpg


畑を春/夏野菜用にするために冬野菜のほうれん草畑を一掃します。
お味噌汁にもクレープにもパスタにもなんでも合う野菜なので
1年中栽培したいところですが、
場所も限られるので。



f0310138_7161123.jpg

ほうれん草のお味噌汁
今年初めて栽培に成功した芽キャベツと一緒に






f0310138_7274323.jpg


畑に残っているほうれん草
これで4分の1位


f0310138_7203246.jpg


冷凍保存用


この作業もうしばらく続きそうです。



















フランス南西部、アヴェロン県にある
シャンブルドット (農家民宿) Vallon de la luneのオフィシャルサイトはこちらからどうぞ

http://www.levallondelalune.com

随時ご予約を承っております。
春から夏にかけてとても気持ちのよいシーズン、
まだお部屋に空きがございます。
空室状況についてはHPよりお問い合わせ下さい。





[PR]
# by aveyron | 2017-03-29 07:27 | 庭仕事 | Trackback | Comments(0)

初夏お祭り



春(5月)になり、日が長くなると
田舎の村々でお祭りが催されます。

今日は
毎年5月の第4日曜日に行われる
アヴェロン県の代表的な
移牧のお祭りを紹介します。

オーブラック(Aubrac)高原の移牧のお祭りの主人公は
夏季に農家を離れ、放牧される牛たち。
彼らに花飾りをして送り出すお祭りです。

f0310138_195712.jpg



オーブラック高原は、
その自然景観がユネスコの世界遺産に登録されていますが、
その自然景観の中に組み込まれた伝統的な移牧という
文化的な営みも遺産として残そうという想いが
このお祭りには込められています。

今年2017年は5月28日の日曜日です。



フランスの農家の営みを見学し、
特産物、そして地元の方々が振る舞う大鍋で仕込むアリゴ
(マッシュポテトにフレッシュなトムチーズをたっぷり練りこんだ
アヴェロン県の名物料理)を楽しむことができます。


f0310138_19177.jpg


我が家の庭にあるパン窯の初夏の様子です。ブドウの葉っぱが茂り始める頃


このシーズンはとても爽やかな初夏のいい季節です。


f0310138_18595986.jpg


果物も豊富で美味しい時期。

アヴェロン県にぜひ遊びにいらしてください。
一緒に初夏を味わいましょう。




フランス南西部、アヴェロン県にある
シャンブルドット (農家民宿) Vallon de la luneのオフィシャルサイトはこちらからどうぞ

http://www.levallondelalune.com

随時ご予約を承っております。
春から夏にかけてとても気持ちのよいシーズン、
まだお部屋に空きがございます。
空室状況についてはHPよりお問い合わせ下さい。





[PR]
# by aveyron | 2017-03-24 19:07 | 美しい村 | Trackback | Comments(4)

春の色




光がすっかり春のここアヴェロン県


f0310138_6545019.jpg



村の知人に株を分けてもらった多肉植物も
光のおかげでグラデーションがとても綺麗






f0310138_6555054.jpg



f0310138_659254.jpg


長女もこうして食卓に春を運んでくれています。







f0310138_705936.jpg


こちらは次女が運んでくれた春








f0310138_72915.jpg


最後は
お昼ご飯に夫が作ってくれた春色キッシュ







フランス南西部、アヴェロン県にある
シャンブルドット (農家民宿) Vallon de la luneのオフィシャルサイトはこちらからどうぞ

http://www.levallondelalune.com

随時ご予約を承っております。
春から夏にかけてとても気持ちのよいシーズン、
まだお部屋に空きがございます。
空室状況についてはHPよりお問い合わせ下さい。





[PR]
# by aveyron | 2017-03-21 07:03 | 庭仕事 | Trackback | Comments(0)

自家製のくるみのワイン




去年の夏に仕込んだ
くるみのワインを
瓶詰しました。


f0310138_712264.jpg




8ヶ月寝かせておいたので
もうしっかりと良い味が出ていました。(早速味見した)


村のご近所さんや友達がふらりと立ち寄った時に、
遠路はるばるここへ遊びに来てくれる方に、
せっかくお出しするなら
手作りのアペリティフでおもてなしできると会話のネタも一つ増えるな、(笑)と
作り始めて3年目。

ここフランスの南の方では
6月24日(聖ヨハネの日)に
まだ青いクルミを収穫し、アルコールに漬けて
このくるみのワインを作ります。


それぞれの家庭に
それぞれの味のあるこのワイン
きっと日本の梅酒のようなものですね。






フランス南西部、アヴェロン県にある
シャンブルドット (農家民宿) Vallon de la luneのオフィシャルサイトはこちらからどうぞ

http://www.levallondelalune.com

随時ご予約を承っております。
春から夏にかけてとても気持ちのよいシーズン、
まだお部屋に空きがございます。
空室状況についてはHPよりお問い合わせ下さい。





[PR]
# by aveyron | 2017-03-09 07:17 | 毎日の食卓 | Trackback | Comments(7)

冬のベルカステル




我が家からほど近い
「フランスの最も美しい村」の1つ
ベルカステルも観光シーズンに入る前はとても静か。


f0310138_0144540.jpg



ホームステイでいらした生徒さんと一緒に
家族みんなで冬空の下村をお散歩。


f0310138_0163953.jpg



車もない道なので
2歳の娘もひとりでトットコ坂を登って行きます。


f0310138_0173089.jpg



人の気配をほとんど感じられない
村の佇まいは
まるで中世のままその空間がストップしているかのよう。


f0310138_018469.jpg



苔むす鱗のような屋根瓦



f0310138_0192815.jpg



ベルカステル城

今でこそ
美しい城、と訪れる人々に親しまれていますが
もともとその名の意味するところは、「戦の(bel)砦(castel=forteresse)」。


f0310138_230320.jpg



この15世紀の石畳の丸みが
その歴史を物語っている気がします。





フランス南西部、アヴェロン県にある
シャンブルドット (農家民宿) Vallon de la luneのオフィシャルサイトはこちらからどうぞ

http://www.levallondelalune.com

随時ご予約を承っております。
春から夏にかけてとても気持ちのよいシーズン、
まだお部屋に空きがございます。
空室状況についてはHPよりお問い合わせ下さい。





[PR]
# by aveyron | 2017-03-06 02:32 | 美しい村 | Trackback | Comments(2)