カテゴリ:庭仕事( 25 )

大きな畑(5月)





今回は大きな畑の記録です



f0310138_22413945.jpg




全体の右3分の1はジャガイモを植えたのですが、
こうしてジャガイモに
畑を耕してもらいます。



f0310138_22432766.jpg





ジャガイモの品種はFederica



f0310138_2243296.jpg




向かって左にはポティロン、バターナッツ
(どちらももカボチャの種類です)
間にアネット(ハーブ)
手前から
トマト苗を12本、エンドウ豆(赤,白) それぞれ6区画、
サラダ2畝、ルッコラ4畝



f0310138_2243536.jpg





[PR]
by aveyron | 2014-05-30 22:44 | 庭仕事 | Trackback | Comments(0)

5月の庭仕事






f0310138_5162865.jpg



どんなに忙しくても畑だけはしたい!

という思いから
毎日少しでも時間が出来たら庭に出ています。


f0310138_5175710.jpg




家の前の小さな菜園(プチポタジェ)

こちらはトマト、かぼちゃ、水菜、バジルそしてイチゴがあります


f0310138_5192589.jpg




カボチャはとっても美味しかった品種を
自家採種したもの



f0310138_5203024.jpg





イチゴ、1つだけ実がついている!

このイチゴ、実は前の大家さんが植えていたものが
株をふやして生き残っていたのです

ほったらかしだったのに強いなー!



ジェラールおじさんに
剪定を教えてもらった
カシスとスグリも沢山の実がついています


f0310138_5241396.jpg




f0310138_5243628.jpg







f0310138_5271199.jpg







f0310138_5274730.jpg


家の前、そしてパン釜の前のジャスミンの花が満開なので
甘い香りに誘われたミツバチがブンブーンと
いい音を立てているのを聞くと
養蜂もしてみたいなーと思ってしまう私達





メインの大きな菜園(グランポタジェ)の方は
またもやジェラールおじさんのアドバイスを頂きながら
夫が沢山のジャガイモを植えたので
上手に出来れば150キロくらいの収穫になるそう

でもそんなに出来たらどうやって保存しよう、
とも少し思っています




大きな菜園のレポートはまた後日に




















[PR]
by aveyron | 2014-05-28 05:31 | 庭仕事 | Trackback | Comments(0)

接ぎ木を習う




庭仕事のつづきです


師匠に
接ぎ木を習いました


最初に教わったのは、

Greffe à l'anglaise (切接ぎ)

といって接ぎ穂と台木をそれぞれ少なくとも3センチくらいに
ななめに切断して接着する方法




そして2つ目は



f0310138_7452023.jpg





f0310138_7455333.jpg






Greffe en fente (割接ぎ)といって接ぎ穂を
とんがりを作るように表面を削り、台木に差し込むようして接着する方法


接続部はテープで包帯のようにぐるぐる巻いて固定し、
切り口は水分との接触を防ぐために
マスチックといって乾燥すると固まるガム状のもので覆います



f0310138_7554454.jpg





これが出来上がりの状態です




f0310138_7574173.jpg




今回はサクランボの台木にサクランボの接ぎ穂で
やってみました




この接ぎ木のおかげで果物を収穫するまでの期間、
少なくとも1年は短縮出来るそうです




果樹園のお手入れだけでも
勉強する事が沢山あってとても面白いです























[PR]
by aveyron | 2014-03-15 08:00 | 庭仕事 | Trackback | Comments(0)

引き続き 庭仕事





晴天続きの毎日で
このところはほとんどの時間
家の大掃除とお庭仕事で一日過ごしています




f0310138_5535781.jpg





煙突掃除屋さんにすす払いをしてもらって
スッキリした薪ストーブ





今日も午前中から夕方まで
ジェラール師匠が果樹園の剪定を教えにきて下さいました




f0310138_5544915.jpg




ひょいひょいと細い枝にものぼってしまう師匠




f0310138_694192.jpg





ひとつひとつの動きが
とっても軽やか、しなやか




f0310138_611868.jpg




お昼ご飯は
ジェラールおじさんに味見してもらいたくて和食のお弁当にしました



f0310138_6524319.jpg






梅干しのおにぎり
刻みショウガの味噌おにぎり

ほうれん草の胡麻和え



f0310138_653995.jpg




子牛肉の肉じゃが


f0310138_6532785.jpg



野生のネギ(ノビル)と生姜でタコの甘辛煮



野生のネギはほったらかしの
我が家の野原に自生しているもの


毎日の様に摘んで
ワケギの代わりに料理に使ってます


f0310138_71211.jpg



一見雑草にまぎれていて判りにくいのですが
目が慣れてくると
散歩中でも道ばたで時々発見しては嬉しくなります


f0310138_742021.jpg



こんな感じで生えています



f0310138_761334.jpg



長く楽しむため
根絶やしにしないように葉の部分だけ摘めば
またニョキニョキと生えてきます






f0310138_774615.jpg





師匠のお陰で
すっきりした我が家の果樹園

カリン
サクランボ
プルーン
リンゴの木


沢山実をつけてくれるといいなぁ






































[PR]
by aveyron | 2014-03-13 07:10 | 庭仕事 | Trackback | Comments(2)

師匠と果樹の剪定




f0310138_62728.jpg




おひな祭り

海外暮らしなので
立派なおひな様は飾ってあげられなかったけど

それを見越して
京都のお友達がプレゼントしてくれた
手ぬぐいおひな様をかざって
ちらし寿司パーティをしました。


海苔と椎茸が大好きな娘は
大人一人前以上平らげていました



***********


今日はとっても気持ちのよい晴天



f0310138_6365823.jpg





師匠を我が家に迎えて
一日中外で庭仕事



f0310138_6372647.jpg





剪定の師匠は
以前ヴィルフランシュのマルシェで偶然知り合って
立ち話をしているうちに仲良くなったジェラールおじさん




彼はアジアの様々な国を旅行して
20年間色々な国の人と接してきたそうで
とても広い世界観の持ち主

今は自然農法で畑や木を相手にしているよ、
と聞いたので
私も畑の話や環境にやさしい環境作りについて色々質問しました。


何時間話を聞いていても飽きずに、
またいつか会いましょう!
と約束をして別れたのです。



f0310138_6395378.jpg

先ずは揃える道具をレクチャーして頂く




以前ブログにも書いた
果樹の剪定の講習会に参加していたら
アソシエーションの剪定の講師の1人としてジェラールおじさんを発見



再会出来た事とっても嬉しくて
また色々な話をうかがっていると
家の果樹園を見に来てくれるとのこと。


そして今日
ひょっこりと我が家に足を運んでくれました



f0310138_6414121.jpg




これは全部さくらんぼの木だよーといいながら
嬉しそうに歩く師匠


f0310138_642471.jpg




今日教わったのは
カシスの剪定と挿し木


f0310138_653673.jpg



どこを残してどこを切ればいいのかを
瞬時に判断しながら
素早い手つきでチョキチョキ切っていく師匠


f0310138_6545637.jpg



まるで神業


f0310138_6553623.jpg



親株の前に挿し木で
沢山の子株を作って
1ヶ月くらいたったらお引っ越しさせます


f0310138_72790.jpg



カシスの挿し木は比較的簡単だそうです


f0310138_734853.jpg



これで今年の夏はカシスには困らないそうです。


そしてパン釜の壁につたっている
ブドウの木


f0310138_76197.jpg



剪定が終ってスッキリした
ブドウの木

師匠のお陰で
この夏はブドウも豊作のはず


f0310138_7102616.jpg



剪定後のブドウの枝も
沢山の挿し穂となりました


f0310138_714839.jpg




これが全部大きくなったら
ワインが作れそう!



f0310138_7153396.jpg



こちらは師匠オススメの有機栽培用の肥料
鳥糞に海藻由来の栄養が混じっているそうです



沢山の事を学べて
夢の様な一日でした





そしてまた1つ
このご縁に感謝です





[PR]
by aveyron | 2014-03-06 07:37 | 庭仕事 | Trackback | Comments(2)