カテゴリ:毎日の食卓( 22 )

秋の味覚と涼しい風




いつのまにか木の葉がハラハラと舞う秋空。
楽しい夏休みも終わって今週は新学期が始まりました。

夏野菜が残る畑も、
もう色づかない野菜たちを一掃して
秋冬野菜の準備です。

f0310138_5555155.jpg



味の濃いミニトマトで
一年分のトマトケチャップを作ります。


f0310138_5561965.jpg



自家製ケチャップで作ったオムライスは
子供達の大好物。



今年のフランボワーズは、
栽培3年目にして大きく成長したせいか
ここ1ヶ月毎日たくさんの実をつけてくれています。


f0310138_557436.jpg



毎日平均700グラムの収穫量。
今年はすでに10kg以上収穫しています。
ここまで立派に育つとは知らなかったので正直びっくりしています。

5月、6月のイチゴ狩りに続いて、
民宿のゲストにも好きなだけ収穫もらえる
フランボワーズ狩り付き滞在です。笑


子供達の毎日のおやつに。
そして残った分はジャム、ソース、そしてアイスクリームにして長く楽しみます。
今年からフランボワーズも自給率100%達成かな。



週末はいつものお散歩コースで収穫を楽しめました。
たわわに実をつけているイチジクの木が沢山ある隣村で。


f0310138_6923100.jpg



家族みんなで夢中になって収穫しても
1本の木になっている実の5%くらいでしょうか。
とにかくたくさんの実をつけています。


f0310138_6113757.jpg


家に帰って量ったら5kg近くありました。



f0310138_61301.jpg



完熟イチジクも採りたて新鮮なうちに半分はジャムにします。


秋風が心地よい1時間の山の中のお散歩コース
アップダウンが激しい山道、子供達もしっかり歩ききりました。
あとしばらくはイチジク狩りが楽しめるこのコース、
もう少し経ったらクルミ拾いの季節。



田舎暮らしをしていると、
食べ物がそこら中にあるので
とても豊かに生活できます。


今日も自然の恵みに感謝した1日です。





フランス南西部、アヴェロン県にある
シャンブルドット (農家民宿) Vallon de la luneのオフィシャルサイトはこちらからどうぞ

http://www.levallondelalune.com

11月中旬以降随時ご予約を承っております。

空室状況についてはHPよりお問い合わせ下さい。







[PR]
by aveyron | 2017-09-11 06:26 | 毎日の食卓 | Trackback | Comments(0)

自家製のくるみのワイン




去年の夏に仕込んだ
くるみのワインを
瓶詰しました。


f0310138_712264.jpg




8ヶ月寝かせておいたので
もうしっかりと良い味が出ていました。(早速味見した)


村のご近所さんや友達がふらりと立ち寄った時に、
遠路はるばるここへ遊びに来てくれる方に、
せっかくお出しするなら
手作りのアペリティフでおもてなしできると会話のネタも一つ増えるな、(笑)と
作り始めて3年目。

ここフランスの南の方では
6月24日(聖ヨハネの日)に
まだ青いクルミを収穫し、アルコールに漬けて
このくるみのワインを作ります。


それぞれの家庭に
それぞれの味のあるこのワイン
きっと日本の梅酒のようなものですね。






フランス南西部、アヴェロン県にある
シャンブルドット (農家民宿) Vallon de la luneのオフィシャルサイトはこちらからどうぞ

http://www.levallondelalune.com

随時ご予約を承っております。
春から夏にかけてとても気持ちのよいシーズン、
まだお部屋に空きがございます。
空室状況についてはHPよりお問い合わせ下さい。





[PR]
by aveyron | 2017-03-09 07:17 | 毎日の食卓 | Trackback | Comments(7)

秋の味覚




今年もリンゴやクリ、クルミに恵まれた秋でした。


f0310138_637616.jpg



実が落ちてはカゴ一杯収穫して、
コンポートやリンゴのケーキ、そしてクランブルを作りました。

これも我が家のシンボルツリーの1つ
樹齢100年のリンゴの木が実をつけてくれたおかげです。


f0310138_6354439.jpg


少し剪定をしただけで
あとは自然のまま。

クリは毎年収穫しきれない、食べきれないので
お友達に収穫にきてもらうこともあります。
それでも沢山のクリがそのまま土に還っています。


我が家の秋の定番は
カボチャとクリのスープ。
そしてマロンクリームです。


f0310138_6434793.jpg



今年は15瓶くらい仕込む事ができました。

大勢のお客様で賑わった今年の11月。
マロンクリームを使って
自家製モンブランをデザートに作りました。

思ったより手軽に作れるので
我が家の定番デザートに加えることにします。

モンブラン好きの方
我が家にお越しの際は是非リクエストして下さい。







フランス南西部、アヴェロン県にある
シャンブルドット (農家民宿) Vallon de la luneのオフィシャルサイトはこちらからどうぞ

http://www.levallondelalune.com

随時ご予約を承っております。

2017年1月から空室があります。
空室状況についてはHPよりお問い合わせ下さい。






[PR]
by aveyron | 2016-11-20 07:06 | 毎日の食卓 | Trackback | Comments(2)

収穫しきれないトマト



今の時期
畑のトマトが一斉に赤くなっています。

細長いイタリアのトマト、
牛の心臓と呼ばれるごつごつしたトマト、
それはそれは小さなマイクロトマト、


沢山のトマトをホームステイの生徒さんと一緒に
畑で収穫してドライトマトを作ります。


f0310138_6162727.jpg



鉄板にオリーブオイルを塗って
3日間天日干し。
日の入りのころに室内に入れます。


f0310138_6201891.jpg



今滞在中の生徒さんはお肉の中でも
とりわけ鴨肉が好き!ということで鴨肉のロースト。
ソースは地元のオーガニックワインと
散歩道で摘んだブラックベリーを煮詰めた
ボルドー色のソースです。



今日も一日

皆仲良く美味しくご飯を食べられました。

畑でトマト、ナス、パプリカを収穫できました。

ニワトリが卵を2個産んでくれました。

夕焼けが綺麗でした。

満点の星空です。


すべての事に感謝します。







フランス南西部、アヴェロン県にある
シャンブルドット (農家民宿) Vallon de la luneのオフィシャルサイトはこちらからどうぞ

http://www.levallondelalune.com

随時ご予約を承っております。
10月、11月はまだ空いております。

空室状況についてはHPよりお問い合わせ下さい。



[PR]
by aveyron | 2016-09-04 06:23 | 毎日の食卓 | Trackback | Comments(2)

季節の食卓 7月





南仏の夏を代表する料理、
ラタトゥイユ


f0310138_6592919.jpg



太陽の光をサンサンと浴びた
畑の野菜。

太陽の熱でまだあたたかい内に
細かく刻んで・・・

太陽までお鍋にほうりこんでいるような気分になります。



採れたてのジャガイモを
美味しいオリーブオイルで揚げてつくる

ポテトフライ


f0310138_74810.jpg



子供達だけでなく大人にとってもごちそうです。



そしてアヴェロン郷土料理

ファルスゥ


f0310138_6575320.jpg



フダンソウを沢山使った
ガレットです。



どれもシンプルだけど、
濃い野菜の味がそのまま楽しめますように
という想いを込めてつくります。





フランス南西部、アヴェロン県にある
シャンブルドット (農家民宿) Vallon de la luneのオフィシャルサイトはこちらからどうぞ

http://www.levallondelalune.com

随時ご予約を承っております。
おかげ様で8月、9月はほぼ満室ですが、
10月、11月、12月はまだ空いております。

空室状況についてはHPよりお問い合わせ下さい。



[PR]
by aveyron | 2016-07-31 07:08 | 毎日の食卓 | Trackback | Comments(0)

我が家の定番料理





定番料理を1つご紹介


f0310138_5105017.jpg



畑の野菜(にんじん、玉ねぎ、フダンソウ)
をふんだんに使った
ミートソースのラザニアです。


f0310138_5112087.jpg



牛ひき肉も私たちの村に住む
知人ののびのびとした大地で草を食べながら
育った牛肉(品種はオーブラック牛)です。


f0310138_511494.jpg



ベシャメルソースに使う牛乳、バター、
そして自家製のラザニア用手打ちパスタ生地の小麦粉は
地元のオーガニックのもの。


f0310138_5122235.jpg



料理のプロではないので
レストランの食事のようにはいきませんが
一緒に食卓を囲む全員の明日健康を願って
必要以上のお砂糖、塩分は控えめに、
心を込めて作ること、
それだけはいつも忘れずに。



f0310138_5124426.jpg




Vallon de la luneでの夕食では
出来るだけローカル&オーガニックの素材を使った
家庭料理でおもてなししたいと思っています。

フランスの秘境、アヴェロン県にある
農家民宿Vallon de la luneのオフィシャルサイトはこちらからどうぞ

http://www.levallondelalune.com

4月中旬からのご予約を承っております。


[PR]
by aveyron | 2016-01-26 05:13 | 毎日の食卓 | Trackback | Comments(2)

タンポポ仕事と春の色

 



春の陽気で
庭に咲き誇っているタンポポ

花より団子の私はいつも
何かに使えないかな・・・と
思ってやまず、いろいろ調べてみた結果

タンポポワインやタンポポジュレを作れることを知りました。

早速タンポポのジュレに挑戦



f0310138_6292618.jpg


庭で子供と一緒にかご一杯に摘んだタンポポ
は水でサッと洗って日向で乾かします

そして花びらをガクからはずします。
夜な夜なひたすらの作業で
少し精神鍛錬   笑


オレンジとレモンとタンポポの花びらを煮て、
フィルターで漉してから
砂糖を加えて煮詰めます。






f0310138_6561199.jpg




お鍋の中が春色



f0310138_657853.jpg



出来上がり。


先日
家でちょっとしたパーティをしたのですが
その時訪れてくれたお友達が持ってきてくれた
手作りのタンポポワイン


f0310138_712190.jpg



去年のこの時期に盛り上がった
彼女のタンポポワイン話に
興味津々だった事を覚えていてくれたのです



f0310138_714475.jpg


なのでボトルにはちゃんとレシピ付き 笑





こちらはまさに日本の春の色

f0310138_763280.jpg


お友達のMちゃんは日本人の心に染みる
桜のおこわを作ってくれました。




f0310138_77442.jpg



庭で剪定したブドウの木の枝で作った
リースを持ってきてくれたお友達も。


皆それぞれが
手作りのセンスがきらりとひかる
田舎暮らし、やっぱり最高だなぁと思うひとときでした。




















 

[PR]
by aveyron | 2015-04-15 04:15 | 毎日の食卓 | Trackback | Comments(0)

手作りフィットチーネ




手打ちパスタが食べたくなったそうで
夫がおもむろにパスタを打ち始めました。

f0310138_020724.jpg



我が家のパスタマシン、大活躍です。


f0310138_0202343.jpg


乾燥中の麺





f0310138_0211770.jpg


サーモンとフェンネルとアボカドのクリームソースでした


市販のパスタとは比べ物にならない程
モチモチで美味しいパスタができるので
子供もいつもにましてよく食べてくれます。


子供の食欲が旺盛な日は
それだけでも親は満足だったりするものです。






[PR]
by aveyron | 2015-03-30 00:24 | 毎日の食卓 | Trackback | Comments(0)

くるみワイン作り





フランス南西部にはくるみの木が沢山あります。

我が家にも
庭の真ん中に
くるみの木が1本



f0310138_605244.jpg





7月中旬に緑のくるみを収穫して
くるみのワインを仕込みました



パリからお手伝いに来てくれていた
Nちゃんと娘と一緒に
20個程収穫して



f0310138_653214.jpg



4つ割にしてアルコールにつけます


f0310138_545223.jpg



しばらくたつとこんなに真っ黒になります


その後クローブと砂糖と赤ワインを足して




f0310138_681015.jpg




1年ねかせたら飲み頃です


その頃には母乳育児も終ってるはず。




楽しみ楽しみ・・・














[PR]
by aveyron | 2014-09-05 06:10 | 毎日の食卓 | Trackback | Comments(4)

我が家のパン釜で・・・







f0310138_6362310.jpg




まだまだ十分に使いこなせていないパン釜


でも今年の夏は大活躍してくれました



f0310138_6373681.jpg



火をおこすこと3時間、
石釜がしっかり熱くなったときに
まずはピザを焼き始めます


その後はパン


そして温度が下がり始めたら
ケーキを焼きます


石の温度に合わせて
順々に焼くものを釜の中へ


余裕があったら最後は低温で
ドライフルーツなんかも作れます


この石釜のおかげで
夏の間我が家へ遊びに来てくれたお友達と一緒に
数回ピザパーティを楽しめました。



f0310138_637497.jpg



子供たちも総出でお手伝い



f0310138_6431586.jpg



そして皆パクパク食べてくれる



f0310138_644113.jpg




大人数集まったときも
ピザ25枚くらいがとぶようになくなりました



f0310138_6453059.jpg




少し多めに作って
残りを冷凍出来たときには




f0310138_6492590.jpg





料理する時間のないときに
家族の昼ご飯として食べる楽しみができたりもするのです


冷凍ピザ
だけど
我が家のやさしい味なのです































[PR]
by aveyron | 2014-08-29 06:53 | 毎日の食卓 | Trackback | Comments(0)