カテゴリ:毎日の食卓( 22 )

さて 栗で何を作ろうか・・・




f0310138_863787.jpg





昨日のつづきです



栗を美味しく食べるために・・・

一番に思いつくのは
マロンペースト


でも
まず鬼皮をむいて
その後渋皮をむいて・・・


虫が湧く前に早く調理したいな
5、5kgあるしな





子育ての合間にいかに
素早く下処理を出来るか、
とインターネットで調べました


沢山色んな知恵をいただきました

1、鬼皮付きのまま数十分ゆでてそのまま冷凍させ、
半解凍した状態のときに皮をむくと渋皮までぺろっとむける


2、鬼皮付きのまま45分ゆでて栗を包丁で真ん中半分に縦切りし、
スプーンでほじくりだす(日本式)/もしくはニンニク絞り機にいれてニュニュと出す(フランス式)
(*マロンペースト用下処理)


3、鬼皮付きのまま10分ゆでて、お湯がまだ温かい内に鬼皮だけむく
(*渋皮煮用下処理)



娘のお昼寝タイムにもくもくと作業していたら
ペンだこ、
ならず包丁だこが出来ました


夫の助けも借りながら


ゆっくりのんびり3日間かけて



できたできた



f0310138_828089.jpg



マロンペースト






f0310138_8283533.jpg



豆乳のマロンクリーム







f0310138_8292378.jpg



そして渋皮煮




それぞれ数個ずつ出来たので
サラのお家にはもちろん、お友達にもおすそわけ




余は満足じゃー!

(でもしばらくは生栗見たくないかも 笑)























[PR]
by aveyron | 2013-11-05 08:05 | 毎日の食卓 | Trackback | Comments(2)

ヴィルフランシュの朝市



f0310138_672918.jpg






毎週木曜日に開かれる朝市で賑わう
ヴィルフランシュ ド ルエルグ

こちらの朝市はミディピレネー地方で1番の規模を誇るとか・・・


f0310138_68488.jpg



このスタンドは野菜の味がとても濃くて
ドレッシング要らず


有機栽培のスタンドです


もちろん季節の野菜しか並ばないので
毎週どんな顔ぶれか・・・

それも楽しみの1つです



f0310138_683773.jpg




ブルビのミルクで作られたチーズ専門スタンド
ブルビ(Brebis)はフランス語で牝羊


f0310138_685927.jpg



山羊のチーズともまた違った味わいです



生産者と消費者
こうやって直接コミュニケーションをとれる場があるって
本当にいいですね



[PR]
by aveyron | 2013-11-03 08:37 | 毎日の食卓 | Trackback | Comments(0)