オーブラック雪の大地




アヴェロン県でも
その雄大な自然を誇る
オーブラックの雪の大地を踏みしめに
家族ドライブ

f0310138_5204891.jpg



この時期にしてはめずらしく
日中の気温が15℃近くまで上がりました。


f0310138_5172699.jpg



オーブラック遠景
雪の大地までもう少しです


f0310138_519339.jpg



世界的に有名なシェフ ミッシェル&セバスチャン ブラスのレストランのある
ライヨールも通りました。



f0310138_551643.jpg


写真はレストラン ブラスから臨む
夏のオーブラック大地

(ブラスは冬期休業です)

冬も夏も雄大な自然を楽しめる
大好きな場所です。







フランスの秘境、アヴェロン県にある
農家民宿Vallon de la luneのオフィシャルサイトはこちらからどうぞ

http://www.levallondelalune.com

4月中旬からのご予約を承っております。


[PR]
# by aveyron | 2016-01-25 05:53 | 美しい村 | Trackback | Comments(2)

フランスの田舎家の小さな図書室




B&Bのお客様に開かれた母屋の図書室の本が増えたので
また少し整えました。

f0310138_9214493.jpg


本棚にある本は
それぞれのお部屋へご自由に持っていって
読んでいただけます。

同時にアヴェロン県を旅するための
情報の発信地でもありますので
気軽にご利用いただけたら嬉しいです。


f0310138_9254567.jpg


農家民宿Vallon de la luneのオフィシャルサイトはこちらからどうぞ

http://www.levallondelalune.com

4月中旬からのご予約を承っております。

ふらっとフランスの静かな美しい村を訪れて
ただのんびりする旅をしたい方におすすめです。
皆様のお越しをお待ちしております。





旅行・地域

[PR]
# by aveyron | 2016-01-21 09:26 | 農家民宿 | Trackback | Comments(2)

ゲストハウスの壁完了!








タイトル、そのまま。


f0310138_7373359.jpg


ジャーン!!

麻漆喰の壁の仕上げがとうとう終りました。

ロフト上部から見るとこんな感じです。


f0310138_738359.jpg





f0310138_738563.jpg


窓枠の周りはやわらかい雰囲気になるように
角をつけずに丸みを帯びています。


f0310138_740386.jpg



乾くともう少し白みが増すそう。



f0310138_7405976.jpg



梁をできるだけ生かした
漆喰壁。

ここの上の部分が一番大変だったそうです。


f0310138_7412523.jpg



次はいよいよ床張り、
そしてバスルームに移ります。




[PR]
# by aveyron | 2016-01-16 07:44 | リフォーム日記 | Trackback | Comments(0)

家から森の散歩道




謹賀新年

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


今年初めての投稿は
健康的に家からの散歩道の紹介です!


我が家の敷地の半分は森です。


f0310138_6582030.jpg




そして森の中をどんどん進むと
トレッキングコースに出ます。



f0310138_651121.jpg



コースをたどっていくと野原を出て牧場の横を通り過ぎて
村の中心へと出ます。

f0310138_793561.jpg




f0310138_7135790.jpg



f0310138_7161545.jpg



牧場の馬がお出迎え

f0310138_718527.jpg



私たちの住む村の中心部までもう少しです。

f0310138_7165759.jpg



分岐点でもう一方の道を進むと
隣村のPeyrusse le Rocへ着きます。

f0310138_7262327.jpg



2016年の目標の1つ
もっと森の中を散策すること

ハイキングが好きな方、一緒にいかがですか?





[PR]
# by aveyron | 2016-01-04 07:29 | 散歩 | Trackback | Comments(4)

壁作りのこと




引き続き
ゲストハウスの内装リフォーム日記です。



f0310138_8492610.jpg



私達の選んだ壁は
麻(ヘンプ)と石灰をまぜて作る麻漆喰



f0310138_850356.jpg



壁がしっかりと呼吸できる素材です。

そして昔から麻はネズミが嫌う素材らしく
麻が入った壁にはネズミが寄り付かないと言われているそう。


f0310138_853306.jpg



ネコちゃんに続いて
田舎暮らしには必要不可欠かもしれません!



麻を混ぜた漆喰をバズーカ砲のようなこの太いホースで
吹き付けていきます。


f0310138_8504397.jpg



ぜひゴゴゴゴーという音を想像してご覧下さい・・・笑


f0310138_8531137.jpg



ちなみにこの内装の職人さん、
強面ですがとても礼儀正しくて優しい方なのです。


f0310138_8534852.jpg





作業中もとてもいい香りがします。



f0310138_8591487.jpg






エコ素材だと
作業をお願いしている
内装のお兄さん方の身体にも優しいところに
救われる気がします。

ただでさえ
建築は重労働で大変なのでね。




そして一階部分の床の素材は
こちらの天然石に決めました。



f0310138_903954.jpg



お風呂場も同じ素材です。
触り心地のよい石です。



*******



私達は左官屋さん、大工さん、内装さん、配管工さんの全てを
独立した方々に頼んでいます。


なので工事の進行具合の伝達が不十分であったり
どこかの作業に遅れがでたりすると
他の方の作業に影響が及ぶことが多々有ります。


工事の進行状況は
当初の予定より1年近く遅延しました。


なので家の建設やリフォームで
設計を1つの業者の方にお願いすると
全ておまかせのパッケージという感じで
オーガナイズもスムーズにいくのがよい点だと思います。


一方で
こうやって家の作り方、素材1つ1つを
ゆっくりと自分たちで探しながら決められるというのは
とてもありがたいところです。


私達は
どうしても壁をこの麻漆喰で作りたくて
この素材を専門に扱っている内装のアレックスさんに運良く
巡り会えたことに感謝しています。
(彼は隣国まで引く手数多だそうです)



それぞれの道のプロが
それぞれのパーツを作ってくれている
パッチワークの様なゲストハウス


出来上がりが待ち遠しいです。











[PR]
# by aveyron | 2015-12-17 09:04 | リフォーム日記 | Trackback | Comments(0)

納屋のリフォーム続きます








f0310138_648459.jpg







リフォーム日記の続きです



f0310138_754312.jpg




水道、電気の配線は終了!








f0310138_781297.jpg



その上にジオテクスティルという
通気性のある不織布シートを敷きます。







なぜシートを敷くかというと

元々の板張りの床に
この粘土でできたビーズを敷き詰めるからです。



f0310138_652419.jpg




うねうねな板張りの床に細かいビーズがゆきわたることで
フラットにしてくれるし、
遮音断熱効果にも優れています。


できるだけエコ資材を使った
身体に優しい家作りを目指してこの資材を選びました。



f0310138_6535673.jpg




f0310138_6543262.jpg





f0310138_6541576.jpg




こうやって敷き詰め、
そして平らにならす作業は3人で半日仕事



f0310138_75141.jpg





その後Fermacellという石膏ボードでビーズの上を覆います。
これもエコ建築資材です。
(参考 *仏語サイト http://www.maison-nature.fr/pages/construire/fermacell.html)




f0310138_7222523.jpg




f0310138_7232470.jpg




f0310138_7223917.jpg







f0310138_7225612.jpg






f0310138_723107.jpg





この通りだいぶ進みました。







内装担当の御三方に
ポーズをとってもらいました。


f0310138_7254741.jpg



f0310138_7271779.jpg



f0310138_7273369.jpg




お疲れ様でした!
これからもよろしくおねがいします。







[PR]
# by aveyron | 2015-12-06 07:28 | リフォーム日記 | Trackback | Comments(0)

クリスマスの支度







今日から12月




f0310138_5331337.jpg




f0310138_533544.jpg



f0310138_5341083.jpg



f0310138_5342845.jpg




f0310138_5344612.jpg




f0310138_5361525.jpg




f0310138_538478.jpg




f0310138_5384488.jpg




f0310138_5385934.jpg




f0310138_5363851.jpg









みんなが浮き足立っているので
毎年この時期があまり好きでない!

という友人の声を聞いて
なるほどなーと思った事があります。




でも
私たちはこの時期も好きです





[PR]
# by aveyron | 2015-12-02 05:39 | つれづれと・・・ | Trackback | Comments(0)

納屋のリフォーム







ゲストハウスになる
納屋のリフォーム日記です。



f0310138_5432184.jpg



10月の段階で2部屋をわける壁の骨組みが出来たところ


f0310138_5433689.jpg






f0310138_5435873.jpg



夕日を眺められるように

入り口は大きな1枚ガラスにしました。



f0310138_5482430.jpg



ここ数日で大工さんが
夕日の部屋へ入る外側の階段を作ってくれていました。



f0310138_5464021.jpg






f0310138_5485132.jpg







f0310138_5591038.jpg






そして完成!!
わー!



f0310138_5532493.jpg



f0310138_5534995.jpg





さすがにプロの仕事はもーのすごく早いです!!



f0310138_555723.jpg




ありがとうございます。

こちらのお2人のおかげさま。


さて今週からも内装の方がどんどん進みそうなので
リポートできることが多くなりそうです。
















[PR]
# by aveyron | 2015-11-30 05:56 | リフォーム日記 | Trackback | Comments(0)

テラスその後



夫が大将となって取り組んでいた
ウッドデッキ作り


f0310138_783198.jpg


細かな板はめ、ねじ打ちを経て


f0310138_79356.jpg




f0310138_795370.jpg



f0310138_7102166.jpg



9月に遊びに来てくれた大学時代の友達のヘルプもあり、
10月にようやく一区切りつきました。


ジャーン



f0310138_7105284.jpg




ここのところ秋晴れが続いているので
昼ご飯をテラスで食べられてうれしい毎日です。



あとは手すりをつけるだけ

どのような手すりにするか、じつはまだ迷い中です 笑





[PR]
# by aveyron | 2015-11-11 07:13 | リフォーム日記 | Trackback | Comments(0)

ウッドデッキ作り



この夏の課題の1つだった
畑と夕日を臨めるテラス(ウッドデッキ)を作っています。

まずは土台作りから


f0310138_6465223.jpg


コンクリートを流し込むための穴(約50センチ四方)を掘る作業から



f0310138_6592929.jpg


補強のために鉄筋を入れます




f0310138_6591154.jpg



もちろんコンクリートも自家製 笑


f0310138_703793.jpg



このコンクリートミキサーは
前の大家さんが置いていってくれたもの。
シャベルでこねるのと比較にならない程楽に作業出来る!
強力な助っ人です。


f0310138_705527.jpg



パリからの友達も
ヘルプに来てくれました。


f0310138_715545.jpg



この様に固まってくるのですが
最低でも1週間、できれば3週間乾かします。


f0310138_72922.jpg



そして乾いた後、



製材所で切ってもらった木材を運び
今度は組み立て工程です。



f0310138_733992.jpg



くるいの無い様に水平をとるのが難しい作業


f0310138_754479.jpg



コンクリートはちゃんと水平にならしたはずですが
やはり数ミリのくるいは生じてしまいます


f0310138_771326.jpg



くぎを使わない昔ながらの「込みせん」で組み立てている部分



f0310138_7154895.jpg



もともとあったコンクリート作りのテラス側も
ウッドデッキで統一します。


f0310138_716515.jpg



こうして骨組みを作っていきます。


f0310138_7173537.jpg



簡単そうに見えますが
もの一本一本がものすごく重い上に
全ての高さの均一と水平を保たなければならない
繊細な作業です。




f0310138_7203576.jpg



ここまでで約一週間かかりました。


後日につづきます













[PR]
# by aveyron | 2015-09-03 07:22 | リフォーム日記 | Trackback | Comments(0)